新商品「漁師のおやつ」シリーズ、ご紹介第5弾は【ほたるいか素干し】です。内容量は14尾、常温保存OK、これぞ漁師のおやつの象徴ともいえる商品です。

こちらの商品はパッケージの裏にもあるのですが、原材料は「ほたるいか(富山湾産)、海水」のみです。非常にシンプルな味付けだからこそ、富山湾のほたるいかの旨さが際立つ商品となっております。

富山湾のほたるいかはなぜうまいのか。。。それはちょうど産卵にやってくるものを捕獲するので、ワタ(肝臓)の成熟度が高いからではないか、と言われています。

たしかに富山湾でとれるほたるいかのサイズは大きいです。特に生干しにするとその大きさが際立っています。

こちらをよりおいしく召し上がるにはライターで軽く炙ること。なかのワタがとろりと溶け出し、何とも言われぬ深い味に。

何を隠そうこのパッケージのデザイナーさんは「いつまでも炙って食べていたい」とのこと( ´∀` )日本酒にもよく合いますよ。