GWも明け、ほたるいか漁もいよいよ終盤。

お客様からもよく、「ほたるいか終わったら何するん??」と聞かれますが、4月に解禁なった「シロエビ」や、富山湾で水揚げされる新鮮な魚を使った昆布〆製造にかかります。

昆布〆とは富山県ではスーパーなどでも鮮魚コーナーの一角を占めるメジャーな商品。

お刺身を昆布でサンドした昔から伝わる保存食の一種です。

昆布のうまみが魚に移り、風味豊かなお刺身となるのです。

今日は「真鯛」がたくさんとれたので、真鯛の昆布〆の製造をしています。お中元時期にはいい具合に締って、おいしい昆布〆になると思います。