梅雨入りしたといわれる北陸ですが、今年はそんなにジトジトしておりません。逆に北陸には珍しい晴天が続くことも・・・。

そんな中、待ちに待ったアジゴ(鯵の赤ちゃんですね)が大漁です。

浜では「ジンタン」なんかと呼ぶこともあるこのアジゴ。小さい頃はよく父とサビキで釣ったものです。5センチ以下のものは骨も気にならないので、そのまま素揚げし、南蛮漬けで食べていましたね。

そんなアジゴを新鮮なまま茹でて干した、カネツルのあじの煮干しは、当店の隠れ人気商品。

実は先日まで完売していた「あじの煮干し」。添加物は使用しておらず、人間界ではもちろん、にゃんこ界でも大人気なんです。

まとめ買いされるお客様の中には「うちのねこちゃん、お宅の煮干ししか食べないのよ」という方も。

もちろん、出汁をとられてもコクがあり、煮物などには最適ですが、そのまま食べても美味です。

本当に小さいアジなので、ゼイゴも全く気になりませんよ。