富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ

12月は日曜日も営業しています

広報 すなご 2019年12月8日

カネツル砂子商店、実は12月とほたるいかシーズン(3月~5月)は

日曜日も休まず、営業しております。

12月の日曜日は、ひっそりと営業しているので、「お歳暮に何送ろうかしら・・・」と悩んでいらっしゃる方に、

ゆっくりじっくりご相談にのることができます。

 

私事ですが、最近少々「俳句」にハマっております。

とはいえ、プレバトを見て俳句のにわかファンになり、先週日曜日滑川で句会ライブを行われた

「夏井いつき」先生のお話に引き込まれ、俳句に興味がわいてきたという完全なる

ミーハー野郎なのですが。

末っ子(小1)も一緒に句会ライブに行ったのですが、そこで娘の読んだ俳句を

夏井先生がほめてくださり、親子共々完全に「いつき組」に骨を埋める覚悟です。

そのかわいらしい句を詠んだ娘。昨日学校で詠んだ句を披露してくれました。

『おとしだま ひゃくえんだま うれしいな』

おおーーーーい。夏井先生に教えてもらったことは??

瞬殺で【才能ナシ】に認定されそうです(笑)でも、一応韻を踏んでる??

この冬は親子で歳時記とメモ帳片手に俳句散歩を楽しもうと思っています。

同じく、俳句がお好きな方、温かいお茶もご用意しておりますので、ご来店、お待ちしております。

 

 

 

お歳暮に塩ぶりを

広報 すなご 2019年12月6日

カネツル冬の風物詩【塩ぶり】の時期がやってきました。

今年はなぜか「1本で!!」のご注文が多く、製造部も張り切って仕込みを行っています。

「1本」といっても、1切ずつスライスし、真空をかけてあるので使い勝手よく仕上がっていjます。

最後の尻尾部分まで、切り身がきれいに見えるよう、かるく扇形にスライスしていきます。

そして、1切ずつ真空機へ。

「1本貰っても食べきれないわ・・・」という方に、朗報。

切り身をさらに、このように薄くスライスして、

生のままサラダにしても、

ピンチョスにしても・・・美味しく食べられます。

これから、クリスマスやおうち飲み会が増えるシーズン。

ご贈答に、自分用に、是非カネツルの塩ぶりを!

 

 

 

 

 

師走の足音が・・・

広報 すなご 2019年11月29日

きらりんグルメの森→大嘗祭→ウェーブパークフェスタと、イベント目白押しで、嵐のように過ぎ去った11月。

中でも大嘗祭の供納の儀は、人生にあるかないかの一大イベントでした。

当日は日帰りだったわけですが、「せっかく東京まで行くのだから」と、前から行ってみたかった東京都庁にお上りさんしてきました。

というのも私、最近Youtubeで#都庁ピアノにハマっておりまして。

都庁南展望台に設置された草間彌生さんデザインの、このピアノ。

自由に弾いてもよい時間帯がありまして、プロから子供まで自由に触れるのです。

時折、プロの方がフラっと一般者に交じり、演奏されるのですが、なんともいえない超絶技巧。(Youtubeによる情報)

私が行った時間帯は残念ながら、利用時間外だったので、眺めるだけでしたが、きっと45階展望台で

都内を一望しながら聴くピアノ演奏は、素晴らしい音だと思います。

その日は、天気も良く富士山も見え、多くの外国人観光客でにぎわっていました。

富士山を見ると、ありがたい気持ちになるのは、やっぱり日本人イズム??

そのあと、新宿駅前の交差点の人の多さに慄き、信号が赤から青に変わった瞬間、

ぶつからずにすれ違っていく人の群れを見て思わず「日体大の集団行動みたい・・・」と

つぶやく私。

主人は「祭りや、今日きっと祭りなんや、この辺。祭りやと思って歩け!」と(笑)。

22時過ぎに地元滑川駅に降り立った瞬間、何とも言えないホーム感。

家に帰るまでの道中、一度も人とすれ違うことなく。

「外出禁止令、出とるん??」と笑いながら家路につきました。

駆け足で過ぎ去った11月。

12月もきっと師走の字ごとく、あっという間に過ぎ去りそうな予感です。

 

 

 

ウェーブパークフェスタ2019

広報 すなご 2019年11月18日

今週土曜日11/23(祝)、ほたるいかミュージアムにて【ウェーブパークフェスタ】が開催されます。

先日の「キラリングルメの森」で買いそびれた方、必見!

3杯1000円、2杯1000円(中のカニのサイズは異なります)のカニのほかにも

贈答にされてもおかしくないようなカニもご用意できるかと思います。

ただ、量に関しましては、今後の天候や漁獲量により左右されますので、お早目のご来場をお勧めします。

ボイルベニズワイガニのほかにも、干物バイキングなど、楽しいイベントとなっておりますので

皆様のお越し、お待ちしております。

大嘗祭(だいじょうさい)

広報 すなご 2019年11月14日

本日から明日未明にかけて行われる大嘗祭。

その大嘗祭の庭積(にわづみ)の机代物(つくえしろもの)として、富山県の海産物からは、イナダの天日干しとしろえびが供納されました。

恐れ多くも、富山県水産加工連として、カネツル砂子商店は【白えびの燻製】を持っていきました。

前回の大嘗祭は、昭和から平成になった年であるため、31年も前のこと。

どんな箱で持っていったらいいのか、熨斗はどうするべきなのか、いろんな疑問の中、迎えた供納の儀。(結局、箱は特注で素敵な箱を作ってもらいました。)

こちらをスーツケースに入れ、北陸新韓線に乗り込みます。先日の台風19号で水没した車両の映像が焼き付いていたため、ホームに入ってきた、かがやき車両を見ると鼻の奥がツーンと。

東京につくと気持ちのいい秋晴れで、皇居周辺にはランナーの方や観光客の方がたくさんいらっしゃいました。

坂下門より入れていただき、宮内庁へ。中は撮影禁止の為(というかとる勇気もなく)、写真はありませんが、建物自体は年季が入ってはいるものの、足を踏み入れると自然に背筋がピンと伸びる、そんな場所でした。

供納の儀も想像以上に緊張し、かいたことないような汗が・・・。宮内庁式部官長さまよりお言葉も賜り、感無量。

供納の儀が終わると、特別参観をさせていただき、皇居宮殿の長和殿や富士見櫓などを解説付きで見せていただきました。

この後ろの緑は、寒椿。

新年の一般参賀のお出ましの時に、紅白の花をつけるように育てられているようですよ。

私の人生の中でも、2度と経験できないような貴重な体験をさせていただき、感謝しかありません。

富山でしか獲れない貴重な白えび。そんな特色ある供納品をお持ちできたことで、これからもより精進して仕事にまい進しようと決意した私です。

そして、こちらが供納のあと、宮内庁より頂いたお品。

なかは、このような菊の焼き印のついたどら焼き。

恐れ多くて、食べられる気がしません。

 

 

キラリングルメの森

広報 すなご 2019年11月1日

今年もやってきました。

「キラリングルメの森」

毎度、告知がギリギリでごめんなさい。

明日11/2(土)・11/3(日)の2日間

場所:滑川市スポーツ・健康の森

時間:10:00~15:00

カネツル砂子商店では、今年も2杯1,000円、3杯1,000円の【滑川産ボイル紅ズワイガニ】で参戦です。

2日間とも晴れの予報ですし、フリマやステージイベントもありますので、是非多くの方に来ていただきたいなぁ

と思っております。

こちらは昨年の売り場の様子。

例年、お昼前後には完売してしまうため、今年は少し多めにご用意いたしました。

お昼過ぎまで保冷車の中でお取り置きも出来ますので、早めにカニだけ買って、イベントをゆっくり

見て回られるのもオススメです。

地方発送も承りますので、遠慮なくスタッフにお声掛けください。

では、明日・明後日、会場にてお待ちしております。

 

塩ぶりの新製品

広報 すなご 2019年10月21日

秋も深まり、新米がおいしいこの季節。

「いかに美味しく新米を食べるか」がモットーのカネツルメンバー。

昨年大人気だった【自家製塩ぶり】をもっともっと美味しく出来ないか、日々探求中。

程よく熟成した【塩ぶり】を炙ってみたり、

チップで燻してみたり。

結局は、薄くスライスして生で食べる、というのが一番美味しいという・・・。

※生のお刺身のように見えますが、こちらも塩ぶりです。

もうしばらく研究の日々が続きそう。

そして、試作品片手に白米をもりもり頬張り、体重がぐんぐん増えるという馬肥ゆる秋に絶賛突入。

11月下旬には、商品化したNEW塩ぶりをご案内したいと思っています。

秋の3連休

広報 すなご 2019年10月10日

三連休のたびに台風が来る気がするのは、私だけではないはず・・・。

皆さんのお住まいの地域はどうですか。

せっかくの秋の行楽シーズンに台風だなんて。

富山でも今週末の新湊カニ祭りが中止になったり、と早くも影響が出ているようです。

大きな被害がないことが一番の願いです。

 

ほたるいかミュージアム店ではディスプレイもすっかり秋仕様。

当店の商品を使った手作りのレシピ集も大好評。

悪天候の週末は、「お家で手料理」もいいですね。

 

 

 

 

 

紅ズワイガニ漁解禁

広報 すなご 2019年09月4日

9月に入り、富山湾の紅ズワイガニ漁も解禁となりました。

新湊漁港では、初セリも行われたようですね。

タグ付きの極上カニは、水揚げ約3,500杯中3杯だったとか・・・。

狭き門をくぐり抜け、【極上】と認定されるには、以下の条件があります。

  • 富山県内の漁港で水揚げされたもの
  • 重さ:約1,000g以上
  • 甲幅:140mm以上
  • すべての脚がついていること・身入りが良いものであること

これらをすべて満たしたものだけが、漁港名・漁船名が入ったタグ付きの【極上紅ズワイガニ】となります。

滑川漁港の水揚げは、もうしばらく、とのこと。

海水温が下がり、おいしい紅ズワイガニが入荷できるようになりましたら、オンラインショップでの販売を

再開しますので、もうしばらくお待ちください。

ほたるいかの素干し

広報 すなご 2019年08月24日

ようやく、朝晩しのぎやすくなってきましたね。

先週までの暑さだと、なかなかBBQしたい気分になりませんでしたが、ようやく過ぎゆく夏を惜しむように、

BBQ熱が高まってきた私です。

BBQ.の主役といえば、やはりお肉!だとは思うのですが、昔ほど肉を欲しなくなってきた自分に老いを感じつつ・・・。

こういう珍味系を食べながら、友人たちとわいわい飲むのも悪くないと思う今日この頃。

このほたるいかの素干しは、富山湾産ほたるいかを、深層水に付け込んで干しただけのシンプルなもの。

そのまま食べることもできますし、このようにライター等であぶることによって、中のワタ(肝臓)が

溶け出し、より一層風味が豊かになります。

時々、このワタを見て、「血??」と不安に思われる方がいらっしゃいますが、

ご安心を。これはワタの油分ですので、おいしく召し上がっていただけます。

また、産卵にきた富山湾産ほたるいかを使用しているので、ワタの成熟度も高く

濃厚な味わいです。

 

TOPへ