富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ

夏のおすすめスポット「おやべがわSA」

広報 すなご 2021年07月27日

お子さんの夏休みもスタートし、「いいなぁ学生時代に戻りたい・・・」とお思いのお父さん、お母さん、わかります。

子供が自堕落な生活をしているとつい一言二言申しがちですけど、ここはグッと我慢です。いずれはこっち側の人間になる子供たちです。夏休みを満喫させましょう。

話はそれちゃいましたが、夏のおすすめスポット第2弾です。

こちらは富山県小矢部市にある【おやべがわSA上り線】です。昨年末にリニューアルされ、コンビニもあり、ますます便利になりました。

カネツルのすがたづくりも買えちゃいます。

等身大の八村塁選手のパネルも設置してあり、小3になるうちの末っ子と比べると圧巻の大きさ。

地元の美味しいものや雑貨も豊富なので、富山にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

夏のおすすめスポット「庄川」

広報 すなご 2021年07月19日

北陸地方は例年より早めに梅雨明けし、夏本番。

新型コロナの警戒レベルもステージ1に下がり、なんとなくお出かけモード。

せっかくなので、カネツルの商品を置いてくださっているお店をめぐってみました。

【道の駅庄川】さん!

庄川は富山県西部を流れる一級河川。上流には温泉があり、風光明媚な場所です。

山々に囲まれ、ゆっくり自然の中で体を癒したい方にはおすすめスポットとなっております。

【道の駅庄川】さんは数年前にリニューアルされ、マルシェ風の造りになっていました。

入口はこんな感じ。

なかでも驚いたのが、どーーーーん。

朝獲れの新鮮な鮮魚が売られているんです。

海の駅では見かけるかもしれませんが、なかなか道の駅では見かけない鮮魚の一本売り。

しかも、捌いていただけるみたい。

他にも、特産の柚子を使用したお菓子や調味料。

お野菜も豊富でした。

カネツルのおつまみもこんな感じで並べてもらってます。

我が家の末っ子は、富山弁キャンディーを買い、待ちきれず車の中で食べていました。

きときと=新鮮という富山弁です。

皆さんも、富山に来られたら、きときとの魚を売っている【道の駅庄川】に是非。

ちなみに火曜日は定休日のようです。

今年も土用丑やります

広報 すなご 2021年07月13日

 

今年もやります。

土用丑!!今年は7月28日水曜日です。

丑の日自体は、例年よりちょっぴり遅めですが、カネツルでは国産のうなぎを入手すべく今年は早めに動いています。

活きたウナギをさばいて炭火で焼いているので、皮目もパリパリ香ばしい感じです。

オンラインショップでも国産のうなぎ白焼きを販売中。

焼いたものを冷凍せず、そのまま冷蔵便にて、ふっくら状態でお届けしたいと思っています。

商品到着日は7/25(日)・7/27(火)・7/28(水)からお選びいただけます。

美味しいうなぎを食べて、夏を元気に乗り越えましょう。

14歳の挑戦

広報 すなご 2021年07月7日

7/5(月)より5日間、地元滑川中学校の生徒さん4名が「14歳の挑戦」で、カネツル砂子商店で職業体験を行っています。

男の子4人で仲良さそうに作業している姿が印象的。

うなぎの真空をかけたり、白えびの計量作業をしたり・・・。

どちらかというと接客よりも製造が多いのですが、楽しそうに働いてくれています。

今日は【げんげ塩バジル】の袋詰めをしているのですが、「げんげちゃ何け?」と。ゲンゲを知らない14歳にビックリ!!富山のメジャーな魚だと思っていたので、ちょっとショック…。

7/7(水)からはほたるいかミュージアム店に高校生2名もインターンシップで来ております。

平均年齢のぐんと下がったカネツル砂子商店にぜひお越しください。

20%還元キャンペ-ン中にお中元はいかがですか。

広報 すなご 2021年07月3日

7月1日から始まった滑川市のPayPay20%還元キャンペーン。

カネツル砂子商店も対象店となっております。

ちょうどお中元の時期ですし、なかなか会えない大切な方への贈り物はいかがですか??

お中元のパンフレットも一新したので、お手に取っていただけると嬉しいです。

遠方の方へはカタログ郵送も行っておりますので、遠慮なくお申し付けください。

今のところ、活漬けのセットや昆布〆セットが人気です。

20%お得に、でも想いは20%増しで【夏の贈り物】。ご用命お待ちしております。

ちょっとマニアックなほたるいかのお話

広報 すなご 2021年06月4日

3月1日の解禁から今年も順調だった富山湾のほたるいか漁。

オンラインショップの方は一足先に販売終了とさせて頂いておりましたが、今年もそろそろおしまいです。

解禁以降、日曜も祝日も毎日漁があるほたるいか。

多少の沖荒れでも出港する漁師の方には、毎年のことながら感動します。

ほたるいかはとってもデリケートな生き物。

それゆえに、前夜産卵に訪れたものと、その晩やってきたものが網の中で混ざると品質が格段に落ちてしまいます。

そのため、網を毎日起こす必要があります。

浜の工場から肉眼でもはっきり見えるこの網の風景もしばらくで見納めです。

この黄色いウキがついているのが、「垣網」と呼ばれるもの。

産卵にやってきたホタルイカを定置網に誘導する役目をします。

垣網は滑川では昔から藁を使用しており、漁期が終わると切り落とされます。

それが藻場を作り出し、魚が好む良い漁礁となるといわれています。

SDGsという言葉がまだ無かった頃からの先人の知恵。

その垣網の話を社長としていると、カネツルの先代が手編みで藁網を編んでいたことが判明。

時の流れを感じながら、今年もほたるいかシーズンが無事済んだことに安堵しているカネツルメンバーです。

ほたるいかしゃぶしゃぶセット

広報 すなご 2021年04月26日

4月からひっそり販売している「ほたるいかしゃぶしゃぶセット」。

こちらのセット、おうちで手軽にほたるいかしゃぶしゃぶができるという名前のまんまの商品です。

商品の内容はこちら。

〇朝獲れ生ほたるいか×1

〇お刺身×1

〇ほたるいか素干し×1

〇ポン酢×1

おひとりさまでも十分楽しめる内容となっております。

カセットコンロを用意していただき、季節のお野菜と一緒に一緒にどうぞ。もちろんおうちのコンロでもOK!

生ほたるいかを熱湯にくぐらせ、内臓にちゃんと火が通ったことを確認して(沸騰後40秒は加熱してください)

ポン酢につけてそのままパクッ。

あつあつのワタ(肝臓)がたまりません。

もともとはほたるいかミュージアムで大人気の「ほたるいかしゃぶしゃぶ」

このご時世「なかなか旅行で富山に来られない」というお声をいただいたので急遽オンラインでご購入いただけるようにしました。

おうちで少しでも富山の空気を感じていただけると嬉しいです。

白えびも解禁しております。

広報 すなご 2021年04月17日

3/1解禁のほたるいか。

4/1解禁の白えび。

5月末で禁漁になる紅ズワイガニ。

この時期の富山湾はおいしいものが目白押し。

4月解禁となった白えびはまずまず順調に獲れているようです。

私はむき身にしたお刺身を生姜醤油で炊き立てご飯と頬張るのがお気に入り。

贅沢な食べ方です。

白えび、ほたるいか、紅ズワイガニを同梱包で送ることもできますので、ぜひお申し付けください。

白山ゲートウェイとくみつTaanto(たんと)オープンです。

広報 すなご 2021年04月16日

本日4/16、白山ゲートウェイとくみつTaanto(たんと)がオープンします。

たぁぁんと(たくさん)素敵なものがそろっているから、Taantoかしら??

富山から向かうと金沢西インターを過ぎ、白山を超えたあたりに徳光PAがあるのですが、

そちらのハイウェイオアシス側にある木でできた新しい建物です。

Taantoさんにカネツルの商品を納入させてもらえることになり、先日行ってきました。

ひっそりリニューアルしたほたるいか甘露煮としぐれ煮(生姜風味)を持って。

Taantoの中に入ると新築の木のいい香り・・・。

石川にあるので、石川県のお土産が中心となっております。金沢のお土産はどれもパッケージもおしゃれで

勉強になります。石川のおいしいお酒もそろっているようです。

徳光PA周辺は海沿いを走る高速道路なので、ドライブにも最適。

これからの時期、海風を浴びながらのドライブ、気持ちいいですよね。

近くによられた際は、カネツルの商品をお手に取っていただけると嬉しいです。

チャチャっとご飯

広報 すなご 2021年04月12日

長男に続き、長女も上京し、少し寂しくなった我が家。

子供が減るたびに簡単になっていく我が家の食卓。

品数は少なくても旬のものは食べさせたい!!ということで、ほたるいかづくし。

ほたるいかと菜の花のレモンパスタ。

ほたるいかとプチトマトのピザ。

手が地味に汚い・・・。

定番の酢味噌和え。

旬のものは栄養価が高いといいますし、ほたるいかやの子供としてはほたるいかをおいしく食べられるように

英才教育。(というのも長男、長女はほたるいかが苦手・・・せめて次女だけでもほたるいか大好きに育ってほしい)

今のところ、ほたるいかラブに育っているので、一安心です。

富山湾のほたるいかは産卵に来ているものを定置網にて捕獲するので、内臓の成熟度も抜群。

富山湾のほたるいか漁は、産卵に上がってくるものを根こそぎ捕獲するのではなく、一晩に数回繰り返し産卵するほたるいかの習性を利用し、

一度目の産卵を終えたものを定置網で捕獲するようです。

そのような捕獲方法にも先人の知恵と優しさが垣間見えて、私は富山のほたるいかが大好きです。

 

TOPへ