富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ(カテゴリー別)

祝!大漁なんて言うと・・・

広報 すなご 2020年03月22日 カテゴリー: ブログ

先日「祝!!大漁」の記事をあげちゃったもんだから・・・。

こうなっちゃうんですよね。

大漁のイワシ。

このイワシがなかなかクセモノちゃんで、食べると美味なんですけど、ほたるいかの天敵。

イワシが入ると、ほたるいかが怖がって逃げてしまうといわれます。(そのくせ身投げ(ほたるいかが浜辺に打ちあがる現象)は好調なんだなぁ)

鱗もほたるいかに張り付いて、質が落ちてしまうし、良いことなしです。

しばらくはこのイワシの大群と格闘する日々が続きそうです。

店頭価格も跳ね上がっていて、お客様に申し訳ないな、と感じています。

海の中のことなので、断言はできませんが、イワシが去ってくれれば、またホタルイカが戻ってくると思われます。

いまはしばらく我慢の時。

せっかくなんで、しばらくは自宅でイワシ料理を楽しむことにします。

祝!!大漁

広報 すなご 2020年03月15日 カテゴリー: ブログ

このザル数!!

これ、全部ほたるいかです。

昨年・一昨年の分を取り返すかのように、富山湾のほたるいか絶好調です。

こんなに豊漁の年はちょっとやそっとの波や雨関係なく、ほたるいかが産卵に訪れます。

こんなに高波でもお構いなしです。

店頭の価格も毎日最安値のため、入ってくるお客様がみんな笑顔。

私たちも安く美味しいほたるいかをご提供できるのでうれしい限りです。

どんなに残業が続こうとも、体のあちこちが筋肉痛だろうとも(すれ違うスタッフから毎日湿布の香りが漂うというww)、昨年の歴史的不漁を経験している私たちからすると、こんなにうれしい年はありません。

今までほたるいかをあまり食べたことない皆さんも、是非豊漁のこの機会に富山湾の旬のほたるいかをご堪能下さい。

 

待ってました!2020年のほたるいか漁解禁

広報 すなご 2020年03月1日 カテゴリー: ブログ

いよいよ始まりました、今シーズンのほたるいか漁。

富山湾の解禁日は例年通りの3月1日。

早朝5時半から滑川漁港が活気づきました。

昨年の初日水揚げはわずか1.5キロ。…に対し、今年はなんと350キロ!!

富山湾全体では4トンほど水揚げがあったようです。

ということで、早速店頭でも販売スタート。本日から店頭、ネットショップともに税込表記に

変更となっております。ということは、去年より断然お求めやすい価格です。

今年は2月に入り、県内いろんな港で魚の網にけっこうな量のほたるいかが混入していたので

期待はしていました。

ほたるいかの状態も、ごらんのとおり。

2年間の記録的不漁を経ての豊漁予想。我々も「やっと来てくれたか」の想いでいっぱいです。

北町店も本日より、日曜・祝日も営業しております。

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

ほたるいか漁の解禁について

広報 すなご 2020年02月26日 カテゴリー: ブログ

富山湾のほたるいか漁解禁日は例年通り、3月1日です。

ただ、今年は暖冬の影響なのか、県内のいろんな港でほたるいかの水揚げが報告されています。

もう、召し上がられた方もいらっしゃるのでは??

滑川の「ほたるいか群遊海面」は、「国の特別天然記念物」に認定されていて(※ほたるいか自体は

天然記念物ではないので食べてもOKです)、ほたるいか漁も定置網で獲る漁法のため、

滑川産のほたるいかを食べられるのは、あともう少し。

おととし、昨年と記録的に不漁だったので、我々にとっても嬉しい予感。

今年はおなか一杯富山湾産ほたるいかを食べたいですね。

 

滑川そばまつり2020

広報 すなご 2020年02月22日 カテゴリー: ブログ

毎回、恒例の直前告知。決してサプライズ的な感じではなく、ただのズボラでごめんなさい。

明日、ほたるいかミュージアム前にて【滑川そばまつり2020】が開催されます。

「えっ??滑川で蕎麦なんて聞いたことない」と思ったあなた!(実は私も5年前まで思っていました・・・)

実は滑川で採れたそば粉オンリーで作られたお蕎麦を味わえる貴重なイベントなんですよ。

いろんな場所でそば祭りが開催されますが、原料のすべてが地元産ってなかなかないでしょ。

昨年、お昼過ぎに行ったらお目当てのお蕎麦、完売していました。

また、今年は暖冬の影響で、利賀村で開催される大きなそば祭りが中止となりました。

きっと、県内からも蕎麦恋しの人たちが押し寄せること間違いなしです。

なので、オープニングめがけていかれることをお勧めします。

ほたるいかミュージアム内では、カネツル砂子商店もひっそり干物バイキングしています。

蕎麦でおなかがいっぱいになったり、お外で体が冷えたりした方は、是非テナントブースにも

お越しください。待ってます!(^^)!

 

焼き芋屋さん

広報 すなご 2020年02月12日 カテゴリー: ブログ

今日、カネツル砂子商店に越中芋騒動さんが、お越しくださいました。

実はこのお方、ただの焼き芋屋さんではありません。

娘の学校の先生(ゼミの講師)であり、焼き芋の達人であり、お芋の売り上げの一部を社会貢献にまわしておられる変わった、もとい!!いろんな意味でスペシャルなお方なのです。

今年、つぼ焼きのつぼを新調されるとのことで、アナログファンディングで資金集めをしておられるときに、たまたま出会い、「面白そう・・・」と、応募させていただきました。

そして、新しいつぼも届き、リターンとして会社にお芋を焼きに来てくださりました。最高に美味しいリターン。

つぼ焼きで食べるお芋の美味しさをスタッフと共有したくて、会社に来てもらいました。

ほくほく系の細めの紅小町。

ねっとりコロンとした安納芋。

ねっとりしつつもしっかり繊維のあるシルクスイート。

甘さ抜群、しっとりした紅はるか。

今日はこの4種類を焼いてもらい、みんで、分けていろんな味を楽しめました。

近所の方も「あら、珍しい」とお財布片手に出てこられたり・・・。

こんなほっこりした昼下がりもいいですね。

今までの焼き芋の概念がガラリと変わる「越中芋騒動」さんのつぼ焼き。

甘みも強く、しっとりしたスイートポテトのような焼き上がり。

県内のイベント会場にもよく出展されておられるので、この暖簾を見つけたら、是非。

 

お客さんから教えてもらったレシピ

広報 すなご 2020年01月30日 カテゴリー: ブログ

先週末、子供たちが「おばあちゃんちでご飯食べる」と言い出したため、急遽

我が家は夫婦二人夕ご飯。

外食に繰り出そうとも考えたのですが、二人でおうちごはんも悪くないと考え直し、

脚の取れた紅ズワイガニを会社からお持ち帰り。

そうだ!!お客さん考案のレシピを試すチャンス!!と思い出したのがコチラ

茹でた紅ズワイガニの甲羅に剥いた身を戻し(ここだけちょっと面倒)そこに日本酒をドバーーー。

生卵を落として、グリルへ。

10分ほどでいい香り。

日本酒のアルコールも程よく飛び、カニみその風味が生きています。

少し大人のお味ですが、酒のあてとしてもオススメ。

何より簡単。

高価なカニじゃなくても十分美味しくできるのでお勧めです。

 

タグ付き高志の紅ガニ(ベニズワイガニ)

広報 すなご 2020年01月20日 カテゴリー: ブログ

例年であれば、雪かきに追われている1月下旬。

今年は暖冬のおかげで過ごしやすい富山です。

ただ、小学生の娘は「スキーに行きたい!」と週末になるたびに、立山連峰を恨めしそうに眺めております。

暖冬ということで、冬の富山湾は珍しく穏やかな日々が続き、カニ漁の方も1月にしては順調に行われています。

極上タグ付きのカニのお問い合わせも増えてきているので、今日は、富山湾産「極上タグ付き高志の紅ガニ」について

のお話。

  • 富山県内の漁港で水揚げされたもの
  • 重さ:約1,000g以上
  • 甲幅:140mm以上
  • すべての脚がついていること・身入りが良いものであること

 

これらをすべて満たしたものだけが、漁港名・漁船名が入ったタグ付きの【極上タグ付き高志の紅ガニ】となります。

よって、水揚げされたカニの中に「該当者なし」の場合もあるのです。

また、一番上の写真の甲羅についている粒粒は、カニビルの卵なのですが、

ズワイガニには多く、ベニズワイガニには少ないといわれています。

カニビルの卵が多い=高級と聞かれたことないですか?

それは、カニビルが卵を産み付けるということは、脱皮直後のカニではない

ことの証明であるためです。

ただ、カニの生息場所が岩場付近の場合、岩場にカニビルが産卵するため、この限りではないようです。

水深1,000M付近に生息し、周囲が岩場で育った高志の紅ガニはタグ付きであっても

カニビルの卵がついていないものも多くあります。

カニビルの卵の有無に関係なく、タグ付きのカニは、身入りも抜群にいいですね。

なので、届きましたらすぐに食べられることをお勧めします。特に紅ズワイガニは、

ズワイガニに比べ水分量の多いカニです。冷凍庫に入れてしまうと水分が抜けてしまうので

着いたらすぐ食す!これが一番です。

カニの脚は、関節で折らず、少し内側で折ると身がスルンと抜け、食べやすいですよ。

 

あけましておめでとうございます

広報 すなご 2020年01月4日 カテゴリー: ブログ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

カネツル砂子商店では、今日1/4が仕事始めです。本店もミュージアム店も

本日より営業スタートです。

とはいうものの、年末に比べ静かな店内。

加工場の方は・・・

年末に仕込んだ塩ぶりがいい具合に仕上がり、「炙り汐ぶり」の製造にかかっていました。

どうりで、加工場の方から炙りのいい香りが漂ってくるわけだ。

塩ぶりは、年末やお正月の食べ物というイメージがありますが、寒さの強まってくる

この時期こそちょうど食べごろ。

お茶漬けにしても最高です。

年末年始のつかれた胃袋にほっと優しいお味です。

本年も大変お世話になりました

広報 すなご 2019年12月31日 カテゴリー: ブログ

今年最後のお客様を見送り、お正月用のカニの発送を無事終え、ほっと一息中です。

今年はオンラインショップのリニューアルや、炙り汐ぶりのお披露目など、多くの方に

お世話になり、助けられ、ほたるいか歴史的な不漁もなんとか笑顔で乗り切ることができました。

今年はスタッフにもずいぶん助けられ、カネツルメンバーの絆もより深まった一年となりました。

来年はどんな年になるのかな・・・。

来年こそ、ほたるいかが豊漁であってほしいと願っています。

年明けは4日からの営業となります。

本年は皆様にご愛顧いただき、感謝の思いでいっぱいです。

2020年もカネツル砂子商店をよろしくお願いいたします。

みなさま、よいお年をお迎えください。

 

 

TOPへ