富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ(カテゴリー別)

3/20、3/21東京で富山湾のぷりぷりほたるいか販売決定

広報 すなご 2018年03月17日 カテゴリー: イベント

富山湾産の茹でたてぷりぷりほたるいかをどうしてもお届けしたくて。

3/20(火)、3/21(祝)東京いきいき富山館有楽町店にて、カネツルの釜揚げほたるいかの販売をします。

以前から、いきいき富山館有楽町店のOさんから、「カネツルさん、東京であのぷりぷりのほたるいか売ってよ。これぞ、富山湾産っていうの持ってきて」と熱烈ラブコールを受けつつも、チキンな私は東京というだけで怖気づいてしまい、なかなか足が向きませんでした。

しかし、お客様の「いままで食べてたのと全然違うわ」「えっ、ほたるいかってこんなに美味しいの??」の声に後押ししていただき、東京行きを決意(大袈裟ww)

3/20(火)、3/21(祝)AM10~PM6:30(最終日はPM5)まで東京交通会館B1Fにてお待ちしております。

当日は漁次第のところもございますが、ボイルほたるいかとお造りになったお刺身を販売の予定です。価格は時価の為、当日決定となることをご了承ください。

この機会に、東京近辺の方、富山湾のほたるいかの美味しさを是非体験してみてください。

滑川そばまつり

広報 すなご 2018年02月19日 カテゴリー: イベント

今度の日曜日(2/25)10:00~ほたるいかミュージアム前の広場にて『第3回滑川そばまつり』が開催されます。

今年は近年まれにみる大雪なので、家に引きこもりがちの方も多いのでは??

温かいおそばを食べて、寒さを吹き飛ばしましょう!!

また、当日はそばぜんざいやどんどん焼き(滑川のどんどん焼きは実にシンプルです。小麦粉ベースの丸い生地にえび、昆布、かつおぶし、甘辛ソース・・・でも、シンプルだからこそ、お店ごとのこだわりが際立ちます)そば饅頭と「粉もん好き」にはたまらないイベントとなっております。

カネツルはとくに出店はしないのですが、ミュージアム内のテナントで【干魚バイキング】します。

・まいわし ・つばいそ ・あじ ・かます etc・・・

富山湾で獲れたお魚だけを使った干魚バイキングです。

粉もんではないですけど、『そばまつり』にお越しの際には、是非お立ち寄りください。

 

 

鮮魚かごもりバイキング

広報 すなご 2017年11月27日 カテゴリー: イベント

23日にほたるいかミュージアムでひらかれた「ウェーブパークフェスタ」には、天候の悪い中、多くのお客様にご来場いただき、感謝申し上げます。

  当日、急きょご用意した「鮮魚かごもりバイキング」も大盛況で、フクラギ(左上)、カマス(左下)、カワハギ(中央上)、アジ(右上)、小鯛(右下)など、かごに入るだけ詰め放題1000円は、お昼には完売の運びとなりました。

中には「自分で、さばけないから・・・」と、おっしゃる方もいらっしゃいましたが、うちのスタッフMの「大丈夫、youtubeで検索しられ」と、少々強引な声掛けにより、お買い上げの方も多かったような気がします。

カネツルでは、鮮魚の買付も行っております。

 

ばい、かわはぎ、がんこ

くるまだい、あまだい、香箱がに

富山湾で獲れたきときと(新鮮)な魚の地方発送も喜んでお引き受けいたします。

「カルパッチョ用に3枚おろしに」や「煮つけにするから、うろこを引いて2枚おろしに」など、細かなご指示にも対応させて頂きますので、遠慮なくお申し付けください。

ご予算や、お集まりの人数に応じてのご提案もできますので、遠慮なくお問い合わせください。


明日はいよいよウェーブパークフェスタ

広報 すなご 2017年11月22日 カテゴリー: イベント

いよいよ明日に迫った【ウェーブパークフェスタ】

チラシの通り、3杯1,000円のボイルベニズワイガニ、干物バイキングは先日お伝えしたかとおもいますが、今年は1杯1,500円のカニもご用意します。こちらは身入りもしっかりしていて、ご贈答にしても充分なサイズ。

一足早い【御歳暮】としても、見劣りしない大きさとなっております。もちろん、その場で宅急便にてお送りする事もできます。

その他にも、明日朝、活きのいい鮮魚がご用意出来れば、とびいり「鮮魚バイキング」も開催されるかも?!こちらは仕入担当の腕次第?、運次第?天候次第、なのですが・・・。

こちらは本日とれた鮮魚の一例・・・。左は「バイ」、右上は「カワハギ」、右下は「ガンコ」です。

また、ミュージアム前広場では「野菜市」も行われますので、お早めにお越しになることをお勧めします。大根やサトイモは安くて新鮮なので、私も時間があったら買いに走ろうと思ってます。

では、明日会場で会えることを願って☆

 

 

ウェーブパークフェスタ

広報 すなご 2017年11月14日 カテゴリー: イベント

11月23日(祝)、ほたるいかミュージアムにて【ウェーブパークフェスタ】が開催されます。

昨年まで【深層水フェスタ】という名前で開催していたこのイベント。今年からは「道の駅全体で盛り上げていこう!!」ということで、名前も新しくなりました。

カネツル砂子商店では、

・滑川産高志の紅ガニ(ボイル紅ズワイガニ)
 3ハイ 1,000円

・ひものバイキング
 1.5キロ 1,000円

を当日限定の目玉商品として、ご用意。

ひもののラインラップとしては、アジ・カマス・イワシ・カイワリ・フクラギ(ツバイソ)・カワハギ等々、富山でとれたお魚ばかり。サイズは規格外のものも混じりますので、お目当てのお魚がある方は、早めのご来店がオススメです。例年、お客様に好きなお魚をお好みのバランスで入れて頂きますので、ご好評のこのイベント。

私の一押しひものは「カイワリ」です。聞き馴染のない魚かと思いますが、「ヒラアジ」とよばれることもあるアジ科の魚です。

ご覧の通り、アジよりも丸くて平たい形が特長。アジに比べると、若干安価ですが、脂のノリもよく、刺身にしても、焼きにしても弾力があり、食べごたえ十分なお魚です。

当日はこちらの「カイワリ」の一夜干しもバイキングに並びます。

スタッフごとにイチオシのひものは異なると思いますので、当日じゃんじゃんスタッフに聞いてください。

皆様のお越し、お待ちしております。

 

 

ハロウィンパーティーにもおすすめ

広報 すなご 2017年10月26日 カテゴリー: イベント

ここ最近ですか??ハロウィンが日本でも定着してきたのは??

私は個人的に流行りものには乗っからない(乗っかれない)たちなのですが、仏教系の幼稚園に通う娘までもが「ハロウィンパーティー♪」と浮かれている姿を見て、乗っかってみようかな、と。

はい、完全に【漁師のおやつ】盛りです。でも、私のような女子力(え?死語?)の低い方でも、ハロウィンパーティーを開けます。パッケージもマットな白地に金の箔押し。

漁師のおやつシリーズは、すべて常温対応の上、干し物。見た目もミイラっぽい。ってことでハロウィンパーティーには最適のおつまみです。

時計12時の位置から

と、なっております。

白ワインやシャンパンにも合うと友人が申しておりました。(下戸の私にはなぜか酒豪の友人が多いのです)

私のハロウィンシーズン、イチオシは「漁師のおやつ 墨干し」です。

このドラキュラのようなカラーとミイラのような風貌。「人と同じじゃヤダ」という変わり者のあなたに是非試していただきたい一品です。

そして、最後に撮る私が撮られている写真;撮影Hちゃん

 

 

キラリングルメの森

広報 すなご 2017年10月17日 カテゴリー: イベント

毎年恒例の「キラリングルメの森」に、今年もカネツル砂子商店の参加が決定しました。

  • とき:10月21日(土)~22日(日)10:00~15:00
  • ところ:滑川市スポーツ・健康の森公園

写真は昨年のものですが、会場のテント内で3杯1,000円の赤字覚悟のお買い得セットから、1杯1,000円以上のご贈答にも恥ずかしくないカニまで、いろいろ揃えております。

イベント自体は10時スタートですが、例年早い方は8:00くらいからお並びいただいております。ですので、お昼近くにお越しいただいても、【完売】となり、お買い求めいただけないことも・・・。

なるべく多くのお客様にご用意するため、買い付けスタッフも最大限の努力はしているのですが(毎年イベントの週は天気図とにらめっこし、胃薬を飲んでいますww)できれば、冷凍ものは使いたくないので、数量限定ということでお許しください。

私も21日(土)は現地にて販売スタッフとして、がんばります。

 

あかりがナイト2017

広報 すなご 2017年10月16日 カテゴリー: イベント

10月14日(土)PM5:00~、ほたるいかミュージアムで「あかりがナイト2017」が開催されました。

このイベントは、光の街滑川のほたるいかミュージアムという場所で灯りを通じて優しい笑顔をたくさん作り、子供たちの夢や大切な人へのメッセージ、希望の光を見ることができる、というコンセプトの下、2014年からスタートされています。

私はこれまで、お客さんとしてしかこのイベントに参加していませんでしたが、今年の「あかりがナイト2017」のテーマは「灯りむすび」・・・年齢、性別、人種、地域、文化・・・いろんな人との結びつきでお互いを活かし、人は輝いている、この一文に共感し、会社として参加することにしました。前にもブログに登場し、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、うちにはベトナム人スタッフも4名在籍しています。

ただ、スタッフに相談せずに「なんとかなるだろう・・・。やってみたい。はーーーい」と手を挙げてしまうのが、私の悪い癖。結果、イベント3日前までノープラン。尻に火が付き、ようやく会社のスタッフにカミングアウトし、泣きつき、アイディアを出し合うというドタバタ劇でした。

当日会場でまだ作製の続きをするカネツルメンバー。

5才の娘が総監督。

うちのベトナム人スタッフと日本人スタッフの仲の良さがよく表れている作品。

このイベントは、地元の方が風呂上りにパジャマ姿でふらっと立ち寄っても全く違和感がありません。季節柄、ずいぶん冷え込んでくるのですが、だからこそキャンドル特有の灯りのゆらぎ、それに照らされる人の横顔が美しく幻想的に感じられます。

会場はおひとりさま、家族連れ、カップル(うちの息子も可愛らしい彼女ときていましたね)がそれぞれの楽しみ方で満喫されていました。

地元で、地元の恵みをいただき、仕事をさせていただいている私たちとしては、このイベントにお越しの方の楽しそうな表情を見ることができた、そのことが一番の収穫となりました。

来年も開催されるようですので、今年逃がしちゃった方は是非、来年会場でお会いしましょう。

 

 

 

 

滑川ほたるいかマラソン

広報 すなご 2017年09月29日 カテゴリー: イベント

来る10/8(日)第21回「ほたるいかマラソン」が開催されます。

はい、お気づきのように、滑川のイベントのほとんどが「ほたるいか〇〇」と付いています。でも、決してふざけているわけでなく、このマラソン大会、年々ランナーの数が増加しておりまして、今年も昨年に続き、3,500人を超えるランナーの皆さんが集まるようですよ。滑川市の人口が約32,000人ということを考えると、そのすごさがわかります。

マラソン人口の増加に伴い、マラソンエントリー費が上昇する中、「ほたるいかマラソン」のエントリー費は据え置きで、他に比べてもお得のようです。(ごめんなさい、エントリー締め切りは9/1で終わってるみたいです)

また、この大会の魅力としましては10キロコース、ハーフコースの景観の良さが挙げられると思います。海沿いの道がルートとなっておりますので、海風を浴びながら、秋を感じるのもこの大会の醍醐味かと・・・。また、沿道の地元住民の応援が温かいと、以前参加者の方から聞きました。

ほたるいかマラソンに参加されるランナーの皆さん、お帰りの際には、リニューアルしたカネツル砂子商店ミュージアム店に是非お立ち寄りください。

あかりがナイト☆in滑川

広報 すなご 2017年09月14日 カテゴリー: イベント

10月14日(土)夕刻~ほたるいかミュージアム敷地内にて「あかりがナイト☆in滑川」が開催されます。キャンドル・ランタン・行灯・竹灯篭など様々な灯りで光の街なめりかわを彩ります。

これまではお客さん、として会場に足を運んでいましたが、今年はキャンドルアートを作成するほうで参加しようと思っています。

このキャンドルの灯りというのが実に幻想的で。

10月下旬の滑川の夕暮れ時は、体感温度も下がり、冬の始まりを肌で感じます。そんな中、キャンドルの温かい光とそこに集まる多くのメッセージ。中には自然と涙がこぼれるようなメッセージも。例年、ひとりで会場に来られて、一つずつじっくり鑑賞される方、カップルで来られて手をつなぎながら回られる方、お子様と一緒に来られ、キャンドルアートの中(ドーム型の大きなアートもあります)をはしゃぎながら楽しまれる方。本当にいろんな笑顔に出会えること間違いなし。

私たちの会社にはベトナムからの実習生3名が働いているのですが、来年2月には帰国してしまいます。その子たちと協力して、カネツルとして、想い出に残るキャンドルアートが作れたらな、と思い巡らせ中です。

雨の場合は中止となりますが、10月14日(土)夕刻以降、ほたるいかミュージアム庭にてお待ちしております。

TOPへ