富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ(カテゴリー別)

ホタルイカ祭り

広報 すなご 2019年04月27日 カテゴリー: イベント

今日、4/27は、毎年恒例の「ホタルイカ祭り」です。

しかしながら、ここ滑川は冷たい雨・・・。

内容も一部変更で、上記の通り行われるようです。(画像はWAVEさんからお借りしました)

お子さんに大人気のホタルイカすくいコンテストや目玉とばしコンテストは残念ながら中止ですが、グルメ関係は予定通り販売されるようです。

また、ほたるいかミュージアム内も見どころ満載。

あめですが、ぜひお越しください。

また、(有)カネツル砂子商店は、10連休中、本店・ほたるいかミュージアム店ともに休みなく、営業しております。

また、ほたるいか漁は連休中も毎日行われるため、私たちも毎日新鮮なものでご用意しております。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

3/29、3/30東京で富山湾のぷりぷり&キトキトほたるいか販売決定

広報 すなご 2019年03月27日 カテゴリー: イベント

富山湾産の茹でたてぷりぷりほたるいかをどうしてもお届けしたくて。今年も行きます!いざ、東京へ。

昨年、初の試みとして行った東京いきいき富山館有楽町店での店頭販売。

生まれも育ちも滑川の私にとって上京は一大決心イベント。

昨年は、交代要員として連れて行った娘とふたりでドキドキワクワクの東京での店頭販売。

「こんな大きいほたるいか初めて見たわ」「えっ、ほたるいかってお刺身で食べられるの」「生ってこんなに透き通っているの」と嬉しいお言葉をたくさんいただきました。

今年はJK(女子高生)となり、富山湾の.ほたるいかの魅力について、昨年より知識をつけた娘と2日間有楽町にて、ボイルほたるいかとお造りになったお刺身を販売の予定です。

3/29(金)、3/30(土)東京いきいき富山館有楽町店。

大事な事なので、二度言います(笑)

3/29(金)、3/30(土)AM10~PM6:30(最終日はPM5)まで東京交通会館B1Fにてお待ちしております。

価格は昨年同様、時価の為、当日決定となることをご了承ください。

この機会に、東京近辺の方、富山湾のほたるいかの美味しさを是非体験してみてください。

若干ですが、試食も準備いたします。

では、当日有楽町でお会いしましょう。

そば祭りinなめりかわ

広報 すなご 2019年02月25日 カテゴリー: イベント

昨日2月24日(日)、ほたるいかミュージアム広場にて行われた【そばまつり】。

想像以上に多くの方にお越しいただき、社員一同感激しております。

滑川産紅ずわいがに3杯1,000円の特売コーナーには本当に多くの方にお並びいただき、感謝です。

早い方は朝7時には、会場に向かうため家を出られたそうで・・・。10時の販売開始時には予定数の150を超えるお客様が!!

買えなかった方、本当にごめんなさい。またイベントの時はお知らせします。 

また、ミュージアム内では1.5キロ分ひもの詰め放題のバイキングも開催させていただきました。

皆さん、「思ったよりたくさん入る」と仰っていただき、こちらは一安心。

比較的男性の方の方が、控えめなようで(笑)「ちょっと計ってくれる?」と差し出されて、計量すると1キロに満たないこともしばしば・・・。

イカばかりで1.5キロにされる方、お子様と魚の名前当てクイズをしながら袋に詰められる方、いろんなお客様と接し、こちらもとっても楽しい一日となりました。

イベントは14時で終了だったので、そのあとは末っ子のリクエストでサイクリング。

立山連邦を右手に、海沿いの道を走ります。

ぽかぽか陽気で、気分も上々。昨年補助輪なし(※余談ですが、補助輪なしのこと、ここ滑川では「がわなし自転車」と言います)で自転車に乗れるようになった娘のテンションもMAXです。

目指すは約6キロ離れた魚津市ミラージュランド。幼稚園児にはちょっとキツイかな・・・と思いましたが、「がんばれ、わたし」「あきらめないんだもん」とつぶやきながら、最後まで漕ぎきりました。

が!!!

まさかの「冬季休園」というオチ・・・。

残念、これは明らかに私のリサーチ不足。

結局、お隣の魚津水族館と無料公園で思い切り遊んで、また6キロの道のりを漕いで帰りましたとさ。

2/24 ウェーブパークフェスタ開催

広報 すなご 2019年02月18日 カテゴリー: イベント

2/24(日) 10時〜14時、ほたるいかミュージアム前広場にて「ウェーブパークフェスタ」と

「なめりかわそばまつり」が同時開催されます。

カネツル砂子商店は大人気の紅ズワイガニの特売と干物バイキングを企画中。

天候によっては、そんなに多くの紅ズワイガニがご用意出来ない事もございます。出来るだけ多くのお客様に提供したいので、販売制限をかけさせていただく事もございます。ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 

クリスマスの食卓に

広報 すなご 2018年12月22日 カテゴリー: イベント

今年のクリスマスは、ちょうど週末にかかるので、イベントをハシゴされる方も多いのでは?

かく言うカネツル砂子商店も今夜忘年会の予定です。

素敵なレストランでクリスマスディナーを楽しむのもいいですけど、おうちでのんびりお酒とおつまみでクリスマスを過ごすのもなかなか乙なもの。おうちだと時間を気にせず吞めちゃうのも嬉しいですね。

そこで、おススメなのが、「ほたるいか活漬けスミ作り」セット。

活漬けの方は、生きたままのホタルイカを減塩醤油に漬け込んだこだわりの逸品。
コリコリとした食感が特長で、お刺身感覚で召しあがっていただけるカネツルだけのオリジナル商品です。

過去にはあの「満天青空レストラン」でも紹介されたことがあるんですよ。

スミ作りの方は、活漬けと同じ製法で作っており、最後に真イカのスミをからめてあります。
墨のコクとまろみが調和した通好みの逸品。

お酒や白ご飯はもちろんのこと、スライスしたフランスパンにチーズをのせ、その上にほたるいかの活漬けを1尾。

ワインやシャンパンにもあうおつまみに大変身。

それでは、みなさん素敵なクリスマスをお過ごしください。

 

 

 

大盛況【キラリングルメの森】

広報 すなご 2018年11月7日 カテゴリー: イベント

11月3日、4日 滑川市スポーツ健康の森で開催された【キラリングルメの森】にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

今年は「ねんりんピック」の開催に合わせてのイベントだったので、例年よりも県外の方が多めの印象でした。

2日間とも晴天に恵まれ、10時のカニの販売のために、早い方は8時前から並ばれたそうです。9:50にはこのような長蛇の列。

滑川産のボイル紅ズワイガニは、ボイル後競りにかかるため、甘みが凝縮。そんなカニが2杯1,000円、3杯1,000円で買えるとあって、おかげさまで2日間とも10:30には完売。

なるべく多くのお客様に、滑川産紅ズワイガニの美味しさを知っていただくため、購入制限もかけさせていただきましたが、ご理解いただき、トラブルもなく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

「去年美味しかったから、今年も楽しみにしとったよ」「来年もまた来るちゃ」など、温かい声をかけていただき、社員一同心から楽しく仕事をすることが出来ました。ありがとうございます。

このあと、紅ズワイガニ漁は最盛期に入り、来年の5月まで週に1・2度漁が行われます。イベント特売用のカニはありませんが、1杯1,200円~ご用意できますので(全国発送も行います)、遠慮なくお問い合わせください。


キラリングルメの森

広報 すなご 2018年10月29日 カテゴリー: イベント

今週末の11/3(土・祝)、11/4(日)滑川市スポーツ・健康の森公園にて、「キラリングルメの森」が開催されます。

毎年、市内や滑川姉妹都市の方から、多くの美味しいお店が参加します。

カニ鍋やどんどん焼き、クレープに旬の青果、さまざまな種類の美味しい味覚が勢ぞろい。

食欲の秋というだけあって、各地で様々なイベントが行われていますが、県内外のご当地グルメが揃う珍しいイベントです。

私たちカネツル砂子商店は今年も「滑川産紅ズワイガニ」で参戦。

3杯1,000円のお買い得商品から、2杯1,000円のもの、他にも贈答にも恥ずかしくないカニも用意する予定であります。

滑川産のカニは、一度食べた方はご存知かと思いますが、甘みが強いのが特長です。

詳しくはこちら→https://www.kanetsuru.com/benizuwaigani/

当日は、超フレンドリーな男性社員、テキパキ仕事をこなす女性社員、笑顔がチャーミングな外国人実習生と、多彩なメンバーでお待ちしております。

私個人は、3日は息子の負けられない試合が小矢部であるので、ごめんなさい。4日は朝から頑張ります。

ほたるいかマラソン2018

広報 すなご 2018年10月5日 カテゴリー: イベント

今年もあります。ほたるいかマラソン。

10月14日AM9滑川総合体育センターがスタート。

今年はなんと3,650名がエントリーされたそうです。滑川市の人口が3万3千ちょいなので、10人に1人以上が走る計算。※もちろん、市外からの参加の方が多いかも、ですが。申し込み締め切りはもう終了していますが、沿道の応援はまだ間に合います。

このマラソンは、海沿いのコースあり、田舎の田んぼ脇コースありと、いろんな景色、秋の空気を楽しむことが出来ます。また、沿道の声援の多さも魅力だと聞きます。

カネツル砂子商店も走る方ではありませんが、大会に微力ながら参加。

当日、走った人にだけわかるお楽しみです。

ランナーの皆さんには、滑川の魅力を感じながら、是非完走していただきたいと思います。

二の丑

広報 すなご 2018年08月1日 カテゴリー: イベント

今日8/1は二の丑。

年によっては夏の間に「土用の丑の日」が二度訪れることがあります。

2回目の土用丑は、前々からやってみたかった、子どもたちによるつかみ取り大会を実施。

ちょうど夏休みという事もあり、年少さんから小4の計9名のお子様が参加して下さりました。

こちらは、だいぶ後半戦に差し掛かり、うなぎ自身の元気がなくなってきた状態・・・。

今日は気温も35度を超え、流水が心地よかったのか最後らへんはもう水遊び。来年は是非、水着でご参加ください。

さばくシーンでは「まだ、うなぎ生きとるね」「血、たくさん出たね」「心臓だけにしても動いとる」など、子どもなりにいろんなことを感じてくれたようでした。

「食育」というにはずいぶん準備不足なイベントでしたが、子どもたち一人ひとりが、食べること=命をいただいていることを実感してくれたようで、有意義な一日となりました。

祭礼による車両規制

広報 すなご 2018年06月14日 カテゴリー: イベント

明日6月15日(金)~17日(日)までの3日間、北町店近くにあるお宮さん「櫟原神社」の祭礼となります。

海の堤防沿いの道は通ることが出来ますが、街側の道路は車両規制がかかります。堤防沿いの道も路上駐車や人で、道幅が狭くなることが予想されます。明日からの3日間はミュージアム店にお越しいただくことをお薦めします。北町店にお越しの際は、細心の注意を払ってお越しください。

こちらは祭り前日のお宮さん内です。今は亡き祖母宅がこの近くにあったので、小学生の頃は、祭礼時期は自宅に帰らず、祖母宅玄関にランドセルを放り投げ、財布をつかんで走り出したものです・・・。祭礼最終日には、来年の祭礼まであと何日か、曜日廻りはどうなのか、本気で調べたりもしていました(笑)

櫟原神社祭礼にお越しの方に、ひとつお願いがあります。それは、ごみの分別です。

櫟原神社のお祭りでは、このような手作りごみ箱がいたるところに設置されています。これは地元の小学生が自分たちの手で作製し、設置して行ってくれたものです。多くのお祭り会場では、自治体が設置した大型ごみ箱がみられますが、ここのお祭りでは、昔から地元の小学校がごみ箱を作り、祭り終了後にこどもたちが清掃活動に訪れます。

月曜日、清掃活動に訪れるこどもたちが「お祭り楽しかったな。」と気持ちよく、片付けをすすめられるように、宜しくお願いします。

万が一、ごみ箱が満杯だったときは、自分のごみは持ち帰る、そんなお手本大人になってもらえると、地元民としてもうれしい限りです。

 

TOPへ