富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ(カテゴリー別)

キラリングルメの森

広報 すなご 2019年11月1日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

今年もやってきました。

「キラリングルメの森」

毎度、告知がギリギリでごめんなさい。

明日11/2(土)・11/3(日)の2日間

場所:滑川市スポーツ・健康の森

時間:10:00~15:00

カネツル砂子商店では、今年も2杯1,000円、3杯1,000円の【滑川産ボイル紅ズワイガニ】で参戦です。

2日間とも晴れの予報ですし、フリマやステージイベントもありますので、是非多くの方に来ていただきたいなぁ

と思っております。

こちらは昨年の売り場の様子。

例年、お昼前後には完売してしまうため、今年は少し多めにご用意いたしました。

お昼過ぎまで保冷車の中でお取り置きも出来ますので、早めにカニだけ買って、イベントをゆっくり

見て回られるのもオススメです。

地方発送も承りますので、遠慮なくスタッフにお声掛けください。

では、明日・明後日、会場にてお待ちしております。

 

紅ズワイガニ漁解禁

広報 すなご 2019年09月4日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

9月に入り、富山湾の紅ズワイガニ漁も解禁となりました。

新湊漁港では、初セリも行われたようですね。

タグ付きの極上カニは、水揚げ約3,500杯中3杯だったとか・・・。

狭き門をくぐり抜け、【極上】と認定されるには、以下の条件があります。

  • 富山県内の漁港で水揚げされたもの
  • 重さ:約1,000g以上
  • 甲幅:140mm以上
  • すべての脚がついていること・身入りが良いものであること

これらをすべて満たしたものだけが、漁港名・漁船名が入ったタグ付きの【極上紅ズワイガニ】となります。

滑川漁港の水揚げは、もうしばらく、とのこと。

海水温が下がり、おいしい紅ズワイガニが入荷できるようになりましたら、オンラインショップでの販売を

再開しますので、もうしばらくお待ちください。

2/24 ウェーブパークフェスタ開催

広報 すなご 2019年02月18日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

2/24(日) 10時〜14時、ほたるいかミュージアム前広場にて「ウェーブパークフェスタ」と

「なめりかわそばまつり」が同時開催されます。

カネツル砂子商店は大人気の紅ズワイガニの特売と干物バイキングを企画中。

天候によっては、そんなに多くの紅ズワイガニがご用意出来ない事もございます。出来るだけ多くのお客様に提供したいので、販売制限をかけさせていただく事もございます。ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 

年明け最初のカニ競り

広報 すなご 2019年01月15日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

寒波やシケが続き、滑川の浜では12月26日以降、久しぶりの紅ズワイガニ漁。

カニ漁のかごは海の底に沈んでいます。そのため、漁に出られない間にかごに入ったカニは、基本的にかごの中で生活しているそうです。

魚と違い、かごの中でやせ細る事もありません。むしろ細かいカニは、うまいことかごから脱出することができるので、漁の間隔があいた後は大きなカニが多いと言われています。

ということで、今回ご注文のお客様はお得感高し!です。

年末、食べ逃した方。年末の美味しさが忘れられない方。1月・2月は海水温も低く、紅ズワイガニの鮮度も抜群です。

この時期に、お得に美味しいカニを是非ご自宅で。

大盛況【キラリングルメの森】

広報 すなご 2018年11月7日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

11月3日、4日 滑川市スポーツ健康の森で開催された【キラリングルメの森】にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

今年は「ねんりんピック」の開催に合わせてのイベントだったので、例年よりも県外の方が多めの印象でした。

2日間とも晴天に恵まれ、10時のカニの販売のために、早い方は8時前から並ばれたそうです。9:50にはこのような長蛇の列。

滑川産のボイル紅ズワイガニは、ボイル後競りにかかるため、甘みが凝縮。そんなカニが2杯1,000円、3杯1,000円で買えるとあって、おかげさまで2日間とも10:30には完売。

なるべく多くのお客様に、滑川産紅ズワイガニの美味しさを知っていただくため、購入制限もかけさせていただきましたが、ご理解いただき、トラブルもなく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

「去年美味しかったから、今年も楽しみにしとったよ」「来年もまた来るちゃ」など、温かい声をかけていただき、社員一同心から楽しく仕事をすることが出来ました。ありがとうございます。

このあと、紅ズワイガニ漁は最盛期に入り、来年の5月まで週に1・2度漁が行われます。イベント特売用のカニはありませんが、1杯1,200円~ご用意できますので(全国発送も行います)、遠慮なくお問い合わせください。


キラリングルメの森

広報 すなご 2018年10月29日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

今週末の11/3(土・祝)、11/4(日)滑川市スポーツ・健康の森公園にて、「キラリングルメの森」が開催されます。

毎年、市内や滑川姉妹都市の方から、多くの美味しいお店が参加します。

カニ鍋やどんどん焼き、クレープに旬の青果、さまざまな種類の美味しい味覚が勢ぞろい。

食欲の秋というだけあって、各地で様々なイベントが行われていますが、県内外のご当地グルメが揃う珍しいイベントです。

私たちカネツル砂子商店は今年も「滑川産紅ズワイガニ」で参戦。

3杯1,000円のお買い得商品から、2杯1,000円のもの、他にも贈答にも恥ずかしくないカニも用意する予定であります。

滑川産のカニは、一度食べた方はご存知かと思いますが、甘みが強いのが特長です。

詳しくはこちら→https://www.kanetsuru.com/benizuwaigani/

当日は、超フレンドリーな男性社員、テキパキ仕事をこなす女性社員、笑顔がチャーミングな外国人実習生と、多彩なメンバーでお待ちしております。

私個人は、3日は息子の負けられない試合が小矢部であるので、ごめんなさい。4日は朝から頑張ります。

明日から紅ズワイガニ漁スタート

広報 すなご 2018年09月14日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

一雨ごとに涼しくなってきましたね。

富山の方では、日中も冷房不要の日が増えてきました。

秋の気配とともに、市場には鮮魚が増えてきました。今朝の県内市場には、ツバイソ(コヅクラ)・アジ・サワラ・ナチウオなどの鮮魚が並びました。(写真が無くてごめんなさい。)

明日からは待ちに待った滑川産紅ズワイガニの競りもスタートします。

新米の時期に合わせ、海の幸が美味しくなる。嬉しい限りです。

富山県は、立山連邦からの雪解け水のおかげもあり、お米もめちゃめちゃ美味しいです。

富山のお米と魚介類の超絶コラボ、お楽しみいただけたらな、と思います。

生の紅ズワイガニ

広報 すなご 2018年01月22日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

先週、ちょっと珍しい紅ズワイガニの入荷がありました。

この透き通る脚。実はこれ、茹でてない【髙志の紅ガニ(紅ズワイガニ)】の生(なま)なんです。

滑川産の紅ズワイガニはこんな感じで茹であがってから、競りにかかるので、出荷担当の私たちはあまり生の紅ズワイガニを見かけることはありません。もちろん、ゆでて食べる場合は少しでも鮮度の高いうちに茹でる方が美味しいのですが、TVで見るような、生のカニ脚をとぅるんと食べるには生でないと。。。このようにあっち側が透けて見えそうなカニ脚を購入したのは、スタッフのHちゃん。どうやらこの日はお母様のバースデーだったようで、自腹でお買い上げ。

生ガニの扱いは初めてのため、TVで見るような「花咲ガニ」にはならなかったようですが、焼きガニにすると香りもよく、旨みも抜群だったとか。

誕生日に新鮮な海産物。かなりおススメのプレゼントです。

滑川漁港のカニ競り

広報 すなご 2017年12月23日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

12月23日(祝)、滑川漁港で行われる高志の紅ガニ(紅ズワイガニ)の競りを見学させていただきました。カメラマンはF氏。

競りのイメージは早朝かと。でも、滑川のカニの競りはAM7:30頃とありがたい時間帯。

それでも、冬の海は極寒です。しかも、競り場の足元はアスファルト。底冷えします。

漁港に停泊中のカニ船「北辰丸」と「三宝丸」。御年3○年と、私とほぼ同期。

夜中の操業、お疲れ様です。

隣での魚や海老の競りが終わり次第、いよいよ高志の紅ガニ競りスタートです。

タグ付き極上高志の紅ガニもスタンバイ。

地元の魚屋さんだけでなく、富山市からも買付の方が来られます。滑川のカニは美味しいですからねぇ。写真はカネツル鮮魚担当N。

苦笑いのN。どうやら今日は儲けなしのようです。がんばれ、N。

お嫁入りの決まったカニ達にはこのように屋号の札が入れられます。

カネツルの屋号もバッチリ。

しかし、私のように普段競り場に行かない人間は、競りの掛け声に圧倒され、何を言っているのまったく聞き取れず。競りのペースにも全くついていけません。

ただ、競り場=勝負の世界という空気はビシビシ伝わってきました。生半可な気持ちで踏み入れてはいけない真剣勝負の場にこのようなひよっこを入れて下さり、漁協関係者の皆様、ありがとうございました。

紅ズワイガニのグラタン

広報 すなご 2017年11月28日 カテゴリー: 紅ズワイガニ

早いもので、もうすぐ師走。ここ、富山では11月中旬に平年より10日以上早く「初雪」が観測されました。そんな寒い冬に食べたくなるのが【グラタン】。

いつものグラタンにカニ身をプラスするだけでちょっと贅沢「紅ズワイガニのグラタン」の出来上がりです。クリスマスパーティーなどにもおすすめです。

早速、レシピの方を。

材料≪2人分≫

  • 髙志の紅ガニ(紅ズワイガニ)むき身 60g
  • たまねぎ(スライス) 小1/2個
  • ホワイトソース 市販250g(1缶)
  • 牛乳 50cc~
  • バター 小さじ1
  • とろけるチーズ 適量
  • 乾燥パセリ(あれば)少々

お次にレシピ

  1. フライパンにバターとたまねぎを入れ、しんなりしてきたら弱火にして、市販のホワウイトソースを入れます。お好みのソースの硬さになるように牛乳で調節します。
  2. 1が沸騰してきたら、カニのむき身を加えます。
  3. グラタン皿に2を盛り付け、とろけるチーズをのせてオーブントースターで約8分間焼きます。仕上げに乾燥パセリを散らすとできあがり。

足の折れたお得な「かに脚」でも十分美味しくできます。個人的には、ホワイトソースはバター、小麦粉(米粉でも)、牛乳で作るシンプルなものが好きです。

カニの甲羅をお皿の代わりにすると、パーティー感が増しますよ。

TOPへ