富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ホタルイカ

カネツルのHPで販売している「ほたるいか製品」はすべて、富山県産です。

国の特別天然記念物に指定される「ほたるいか群遊海面」を有する滑川市でほたるいか加工を行うものとして、そこは一番のこだわりであります。

もちろん、ほたるいか加工業者として、他県産のものを扱うこともあります。だからこそ、富山県産のほたるいかの素晴らしさを理解し、誰よりも富山県産にほれ込んでいることをご理解いただければ、と思います。

 

富山湾のほたるいか漁は毎年、3月1日解禁となります。解禁後は6月の半ばごろまで、日曜も祝日も毎日漁がおこなわれます。
ほたるいか漁がおこなわれる時期は、人口33,000人の街「なめりかわ」も活気づきます。ほたるいか漁は深夜2頃出港し、滑川沖に仕掛けられた11の定置網(浜辺から目視できる位置にあります)を順におこしていきます。船の上や漁港で選別したのち、午前4時ごろ入札によって、競り落とされます。カネツルでは滑川以外、魚津や四方(よかた)など、各漁港でも買い付けますが、目利きの買付人が、自身の目で直接確認したもののみ、競り落とします。

ほたるいかは非常にデリケートな魚介ですので、買付後はすぐに海洋深層水につけ、加工直前まで、低温にて保管されます。

 

【カネツルのボイルほたるいかの特長】

  1. 鮮度が非常に高い物を厳選使用
  2. 朝獲れほたるいかを朝のうちに茹であげます
  3. 熟練の職人がその日のほたるいかの状態を見ながら、絶妙の茹で加減で
  4. 味付けは塩のみの無添加
  5. 選別・検品は長年の経験を積んだベテランが行います
  6. 徹底した温度管理

以上により、噛んだ瞬間「ぷりっ」と弾けるような食感、ワタ(肝臓)の濃厚さが際立ちます。

TOPへ