富山湾の海の幸を全国にお届けします!

ブログ(アーカイブ別)

待ってました!2020年のほたるいか漁解禁

広報 すなご 2020年03月1日 カテゴリー: ほたるいか漁解禁

いよいよ始まりました、今シーズンのほたるいか漁。

富山湾の解禁日は例年通りの3月1日。

早朝5時半から滑川漁港が活気づきました。

昨年の初日水揚げはわずか1.5キロ。…に対し、今年はなんと350キロ!!

富山湾全体では4トンほど水揚げがあったようです。

ということで、早速店頭でも販売スタート。本日から店頭、ネットショップともに税込表記に

変更となっております。ということは、去年より断然お求めやすい価格です。

今年は2月に入り、県内いろんな港で魚の網にけっこうな量のほたるいかが混入していたので

期待はしていました。

ほたるいかの状態も、ごらんのとおり。

2年間の記録的不漁を経ての豊漁予想。我々も「やっと来てくれたか」の想いでいっぱいです。

北町店も本日より、日曜・祝日も営業しております。

皆さんのお越しをお待ちしております。

 

ほたるいか漁の解禁について

広報 すなご 2020年02月26日 カテゴリー: ほたるいか漁解禁

富山湾のほたるいか漁解禁日は例年通り、3月1日です。

ただ、今年は暖冬の影響なのか、県内のいろんな港でほたるいかの水揚げが報告されています。

もう、召し上がられた方もいらっしゃるのでは??

滑川の「ほたるいか群遊海面」は、「国の特別天然記念物」に認定されていて(※ほたるいか自体は

天然記念物ではないので食べてもOKです)、ほたるいか漁も定置網で獲る漁法のため、

滑川産のほたるいかを食べられるのは、あともう少し。

おととし、昨年と記録的に不漁だったので、我々にとっても嬉しい予感。

今年はおなか一杯富山湾産ほたるいかを食べたいですね。

 

富山湾のほたるいか漁解禁

広報 すなご 2019年03月2日 カテゴリー: ほたるいか漁解禁

お待たせしました。いよいよ始まりました。富山湾のほたるいか漁。

3月1日解禁日、滑川(なめりかわ)では1.5キロと寂しい漁模様。(ほたるいかより報道の方の方が多いのでは??)1キロ2万円を超える超高値でカネツル砂子商店にお嫁に来ました。

1匹およそ10グラムとして・・・1尾200円。とても私の口には入りません。

ニュース等でも「ほたるいか漁不漁!!」と大きく報道されていましたね。

ただ、ほたるいか専門店として言わせてください。

ほたるいかは前日の夜の風や天候にとても敏感なデリケートな生き物です。

なので、解禁前夜2月28日の天候は雨。

これでは入らなくても仕方ありません。

今日3月2日は前夜の天候のおかげもあり、ほらこの通り。約100キロ。

まだまだ最盛期には程遠い量ですが、天候が安定し、ほたるいか自身が「産卵したい!!」という気持ちになるまで、こちらは待つしかありません。

この赤黒いワタの状態は鮮度の証拠。

漁場が近い、富山ならではの新鮮さです。

3月中旬にはHP上でも旬のほたるいかを販売したいと考えております。

今しばらくお待ちください。

富山湾のほたるいか漁、本日解禁です

広報 すなご 2018年03月1日 カテゴリー: ほたるいか漁解禁

本日、富山湾の【ほたるいか漁】解禁となりました。

こちらは、今朝、滑川(なめりかわ)漁港に水揚げされたほたるいかです。取材の方よりほたるいかの量の方が多くてよかった。

初日の水揚げは6キロ。約600尾強(漁はじめのほたるいかは小さ目なので700尾くらいいるかも・・・)

残念ながら、カネツルは入札で、競り落とせず。よそにお嫁にいってしまいました。買付担当の主人はしょんぼり~。

本日、富山県は「春の嵐」で暴風が吹き荒れているので、浜の工場が沸くまで、もうしばらく待つことになりそうです。

値段が落ち着いて来ましたら、HP上でもご案内致します。

 

TOPへ